より美しく、より自然な仕上がりで大きく華やかな目元をつくる二重整形

二重整形は、腫れぼったかったり、目が小さく見えてしまう一重まぶたをすっきりとした二重まぶたにする施術です。二重まぶたはまぶたの内側にある筋線維が皮膚の裏面に付着していて、目を開けたときに引っ張られることでできるのですが、この付着部分がしっかりしていないとぼんやりとした二重や一重まぶたになってしまいます。

そこで、二重整形術では糸や癒着を利用して皮膚をまぶたの深部に引っ張ることで理想の二重まぶたをつくっていきます。

当クリニックでは、糸で皮膚の裏面と深部をつないで二重まぶたをつくる「埋没法」と、二重ラインを切開して糸で縫合し癒着をおこすことで二重まぶたをつくる「切開法」を用いて二重整形を行います。患者様の理想の二重デザインやお悩み、ご希望などを細かくカウンセリングさせていただき、ひとりひとりに合わせた最適の施術方法をご提案させていただきます。

こんなお悩みの方におすすめ

二重整形(埋没法・切開法)がおすすめな方
  • 重く腫れぼったいまぶたをパッチリさせたい方
  • 奥二重をキレイな二重にしたい方
  • 左右の目の大きさの差を改善したい方
  • 幅広二重や平行二重にしたい方

二重整形(埋没法・切開法)の特徴

  • 短時間でできる切らない二重術「埋没法」

    埋没法はまぶたの皮膚の裏面に医療用の細い糸を通し、深部の瞼板や眼瞼挙筋とつなげることで二重まぶたをつくります。極細の針と糸を使用して、縫合部が眼輪筋内に埋まるように、点ではなく線で固定することで長持ちする仕上がりのきれいな二重をつくることができます。糸を留める方法や位置によって二重のデザインの調整が可能です。

    埋没法には主に、2点で留める「埋没シンプル法」、4点で留める「埋没スタンダード法」、糸を結膜側に埋没させる「埋没シークレット法」「埋没シークレット法W」があります。

    埋没法はまぶたの脂肪や厚さなどによっては思うようなデザインができずもちが悪い場合がありますが、メスを使わないので施術時間が数分と短く、医療用の極細の糸を使用するため痛みも少なく腫れや傷跡も最小限でナチュラルな二重に仕上がります。

    短時間でできる切らない二重術「埋没法」
  • 半永久的に二重が持続「切開法」

    切開法は希望の二重ラインを切開し、まぶたの深部に二重ラインの皮下組織を縫合することで二重まぶたをつくります。まぶたの筋肉が厚い、脂肪が多い、目と眉毛の幅が狭いなどまぶたの状態や希望のデザインによって必要に応じて切開した箇所から眼輪筋や脂肪(眼窩脂肪やROOF)などを同時に取り除くことで自然ですっきりとした二重まぶたをつくることが可能です。縫合した傷跡は二重ラインと重なるようにできるのでそれほど目立つことはありません。

    切開法には、二重ラインをすべて切開する「全切開」と、二重ラインの一部を切開する「ミニ切開」があります。

    切開法は、メスを使う施術の為に抜糸が必要ですが、施術後は半永久的に二重ラインが持続し、まぶたの脂肪などを同時に取り除くことができるのでたるみの改善もでき、どんな二重デザインも実現しやすい施術です。

    半永久的に二重が持続「切開法」

当院の二重整形(埋没法・切開法)のこだわり

  • 腫れないために、止血効果のあるエピネフリン入りの局所麻酔を極細の針を用いて必要最低限(埋没の場合は両目1㏄以下)使用し、術直後には十分に冷却します。
  • 局所麻酔前には塗る麻酔を塗布しゆっくり注入することで痛みを最小限にします。ご希望によって笑気麻酔も使用可能です。

<埋没法>

  • 糸の結び目が透けないように極細のナイロン糸を使用します。
  • 皮膚側から糸を埋没させる場合は眼輪筋内にポケットを作成してしっかり埋没させます。

<切開法>

  • ハム目(二重ラインからまつ毛までの皮膚がまつ毛に被っている状態)にならないよう念入りにシミュレーションし、適切な皮膚と眼輪筋の切除を行います。
  • 予定外のラインが出来てしまわないよう、もともとあるラインの皮膚の切除や糸で吊り上げるなどして予防します。
  • 他院二重修正については、二重幅の修正や傷をきれいにしたいといったものから、手術によって目が閉まりきらない、まぶたが開きにくいなどの重症例まで対応しています。
施術時間
  • 埋没法:約10分
  • 切開法:約30分
ダウンタイム
  • 埋没法:個人差はありますが腫れは約3~7日ほどで引いてき、約1か月で自然な状態になります。まれに内出血がおこる場合がありますが、施術後は1~2週間程で徐々に消えていきます。
  • 切開法:腫れは抜糸後にみられますが、アイラインを太く書いてごまかせる程度です。個人差はありますが3~5日で少し落ち着き1~2週間程度で腫れは引いていきます。1~3ヶ月程で自然な状態になります。
メイク・洗顔・入浴
  • 埋没法:まぶたのメイクは3日後から、洗顔・シャワーは翌日から可能です。入浴は腫れが引いてきたころから可能です。
  • 切開法:まぶたのメイクは抜糸後(約1週間後)から、洗顔・シャワーは翌日から可能です。入浴は腫れが引いてきたころから可能です。
リスク・副作用 施術には細心の注意を払いリスクを最小限に抑えていますが、稀に以下のような症状がみられる場合があります。
  • 感染(ごく稀ですが患部からの細菌感染のリスクがあります。)
  • 血種(患部の出血から起こる場合があります。)
  • 内出血
  • 二重幅の左右差
  • 三重(二重幅の間の皮膚がたるみ三重になることがあります。)
  • ラインの消失(埋没法の場合に稀に起こることがあります。)
  • 埋没糸の露出
症状に合わせて適切に処置させていただきますので、気になる事があればためらわずすぐにご相談ください。

手術動画

実際の手術映像が流れます。血や傷跡などで気分を悪くされる方、苦手な方は閲覧にご注意ください。

料金表

施術の流れ

  • STEP1:カウンセリング予約

    カウンセリングは予約制となっております。まずはお電話またはメールにてご予約ください。

  • STEP2:ご来院・受付

    カウンセリング予約日にご来院し、受付にてお名前をお伝えください。カルテ作成のため、問診票をご記入していただきます。(メイクをされている方はメイクオフをしていただきます。)

  • STEP3:カウンセリング・診察

    カウンセリングでは、まぶたの状態を確認した後にご希望の施術や二重ラインをお伺いし、二重デザインや施術方法を決めていきます。まぶたの状態によっては希望される施術では希望のデザインがつくれない場合もありますので、なるべく患者様の希望に近づくようすり合わせながら施術方法などをご提案させていただきます。その後シミュレーションを念入りに行います。

  • STEP4:お申込・お会計

    施術をご希望される場合は申込書のご記入と、施術代金のお会計をさせていただきます。未成年者の方は、親権者様の同意書が必要となりますので、親権者様にご記入いただき、捺印の上お持ちください。

  • STEP5:施術

    仕上がりデザインの最終確認をした後、局所麻酔を行い手術に入ります。手術直後にも仕上がりを確認していただき、微調整を行います。(コンタクトをされている方は手術前にはずしていただきます。)

  • STEP6:アフターケア・次回診察予約

    施術箇所を十分に冷却し、ご自宅でのアフターケアの方法をご説明させていただきます。その後、切開法での施術の場合は抜糸・診察のご予約をとらせていただきます。埋没法での施術の場合でも、気になる方やご希望の方は診察のご予約をとらせていただきます。

よくある質問

痛みはありますか?
施術前には局所麻酔を行っておりますので痛みはほぼありません。また麻酔時には極細の針を使うこと、ゆっくり徐々に注入すること、また注射の痛みも緩和できるよう塗る麻酔を塗布することで注入時の痛みも最小限です。ご希望によって笑気麻酔も使用可能です。施術後の痛みもほとんどありませんが、念のため鎮痛剤を服用していただきます。
効果はどれくらい持続しますか?
切開法は半永久的に持続します。埋没法はなるべく二重ラインが持続するように患者様のまぶたの状態に合わせて施術を行いますが、まぶたの状態の変化や加齢によるたるみなど個人差により1年程で取れてしまう場合や、逆に10年以上持続する場合もあります。
通院は必要ですか?
埋没法では気になる症状などない限り通院の必要はありません。切開法では施術後約1週間後を目安に抜糸を行うために来院していただきます。その後、患部を診察し、経過の度合いによって複数回診察の為に通院していただきます。およそ6ヶ月程で完了することが多いです。
日常生活に制限はありますか?
腫れが引いていない、抜糸が終わっていない場合は目元のメイク、入浴や運動、飲酒はお控えください。洗顔、シャワー、目元以外のメイクは施術翌日から可能です。
仕事はいつからできますか?
埋没法では少し腫れがでることはありますが当日から可能です。切開法では術後から強い腫れがみられますので、落ち着くまで安静にされることをおすすめします。だいたい術後3~5日ほどのスケジュールを整えていただくことをおすすめします。